思考と生活に変化をもたらすアート術

アートって何?、絵画の見方とは?など、アートの存在意義から楽しみ方まで、一緒に考えながら学び、最後に、自分の楽しみ方を見つける講座です。

アートは、人生を面白くする。


思考と生活に変化をもたらすアート術


アートは決して難しくも、敷居が高いものでもありません。
確かに昔は、知識も高い教養も備えている、社会的ステータスもある一部のお金持ちの人の為のモノでした。
ですが、今は、誰もが美術館で観賞でき、アートにより、自分の世界、思考を広げることができます。生活を変えることができます。

アートを通して、

・自己理解を深めて、より生きやすく、自分の人生を楽しむ

・他者理解を深めて、世界を広げる

・文化や歴史をビジュアル的に楽しむ

・アート思考を身につけ、ビジネスに活かす


これらの他にも様々な活用方法があります。今回は、まずは、身近な6つのテーマからアートを楽しみます。
6回シリーズが終わった頃には、こんな変化を期待してください。


*アート初心者の方が、自分でも楽しめるようになる。自分の好きな世界観がわかる。

*世界の見方がちょっと変わり、日常が変化する。自分を好きになる。


*世界に訪れたい場所ができる。旅行がもっと楽しくなる。興味が広がる。


そんな変化を楽しんでいただける、6回シリーズ講座です(単発受講可)。  



【講座のテーマ】


第1回 私にとっての”幸せ”って何? アートを使って自分を知る方法

第2回 日本人は無宗教?グローバルに生きるための世界標準の教養、アートでわかる世界の宗教


第3回 カチカチ頭をぶっ壊せ!常識を覆すアーティストたちの思考術と挑戦


第4回 日本てどんな国? 誰に訊かれても大丈夫。子どもにも外国人にも伝えられる、私の国はこんな国


第5回 これは何??? ナゾの物体 現代アートがわかる、楽しめる


第6回 日本を守った文化と芸術。過去から受け継ぎ、後世に引き渡すモノ〜保存修復の世界〜

〜こんな方にオススメです〜

1 アート初心者の方

2 アートに興味はあるが、美術館の楽しみ方がわからない方

3 アートが難しいと感じている方

4 ビジネスや人生に活用する方法に興味がある方 




<<参加者の皆さまの声>>


「これはオススメ。アートって、専門的な知識や並外れた感性がある人のためのもの。どこかでずっとそう思ってたんですけど、1回目でその先入観が取り払われました。アートを通して、自分と他の人の着眼の違いが一瞬で明らかになるワークも、すごく面白かったです!」日本在住 荒木佳代 様 
***

「人生で大事な事が得られました。アートという視点から、個人の目線や自分の人生にまで視野を広く捉えることの基礎を学べた講座でした。あっという間の2時間でした。」ロンドン在住 まさみん
***

「2時間楽しく学べました。”アート”というと身構えてしまう人もいるかと思いますが、常に正解を求められてきた教育の弊害だなと思います。
もっと自由に感じて、どんなことを感じても、それが自分の中の正解なんだと思います。たくさんのアートに触れることは、たくさんの人の人生を感じること。そこから自分の人生も深まり、多様性を認められ、それがより良く生きるためのヒントになると思います。そんなことを感じられた2時間でした。一緒に学んでいる皆さまとも仲良くなれそうで、これから半年が楽しみです。」日本在住 神保あゆ 様

 ***


「ほんとに楽しいひと時でした。日常から離れて、新発見が詰まった講座に参加できてよかったです。」日本在住 女性
 ***


 「今日はありがとうございました!ほんと面白かったです。ワークにはビビったけど、参加し てよかったです。高校生の息子も、すごくおもしろかったって言ってます。これからも楽しみにしています。」Naomi Shiinaさん ロンドン在住女性

 ***


「いつもと違う視点で日本と世界を見つめなおすことができ、大変貴重な機会でした。またぜひお話できる機会などありましたら、嬉しいです。」ニューヨーク在住 女性
***

「アートヒストリー馬鹿(愛を込めて呼んでます!)の夫も「このクラスすごい面白い!!!もっと聞きたいー!」と大興奮してました。私も同感です!!!

りを紹介してくれたお陰で、それらにさらに親近感が湧きました。

そして日本の歴史や見方/価値観との対比はさすがの視点だな〜と感心しました。そして何より智子さん自身が楽しそうで、好きなんだな〜と言うのが伝わってきて、そういう講師の方に教えてもらうのって最高でした!!」Makiko Kojima さん ​ロンドン在住 女性

***

「私はも元々美術に興味がある訳でもなく、作品を観ればもちろん綺麗だな、凄いなーと感動はありますが、それ以上に深く観たりすることはできないので、受講することで、自分にはない視点で作品がみれて、とっても有意義でした。」ロンドン在住 女性

***

「私も楽しく学ばせてもらったけど、夫がすごく楽しかった!次のがあるなら絶対受けたいと大興奮でした。 美術館行く気になったみたい。」​ロンドン在住 女性
***

「智子さんの講座を受講し、歴史・背景を知ることは大事なことだと改めて感じました。​智子さんの日本や世界について思考すること、意見を深掘りすることこそが、アートの楽しみであり、醍醐味だと思うのです。という言葉、100%賛同します!!

日本は他国にみない独特な「文化」「歴史」「国民性」があります。世界的にみてもビジネス方法が全く違います。そのため、これまでの美術、文化、伝統は残しつつ、国として発展していきたいものですね。

政治の話も、世界の話も、もちろんアートや映画や本についても、様々な話題について、同じレベルで気軽に意見を言い合ったり、お喋りができるようなコミュニティを作っていきたいとのこと、とっても面白い試みだと思います。」日本在住 女性
***

「予想以上に、しかも多角的にたくさんの事を学べて大変有意義な時間でした!人間味のある例えや分かりやすい言葉で伝えて下さったお陰で、日本の歴史を楽しく学び直すことができました。見に行くのが楽しみです。
また、こちらの方との会話にもすぐ役立ちそう。初めに見せて下さった鯉が川を昇る姿の絵に、いまだ衝撃を受けています。日本の美がそこに集約されてるようで、何とも言えない心地よさも感じます。次回も今から楽しみにしています!」K.Mさん ロンドン在住 女性

***

「ボリュームたっぷりの内容で、幅広いトピックの話が聞けて楽しかったです。
特に宗教が政治の道具となって広まっていったあたりの話は楽しかったです。」ロンドン在住 女性

***


「ともこさんの豊富な知識と、様々な視点からのお話がとても面白かったです!
古事記の話にも興味が湧き、オススメされていたYoutube大学を観たりしました。ありがとうございました!!」K.Iさん ロンドン在住 女性
***

「美術館もですが、博物館を楽しむには歴史や背景の知識があれば面白いんだろうなあ、そのためにはじっくり時間かけて勉強しなきゃいけないのかなあって少し重く捉えていました。
智子さんの講座楽しかった‼︎ていうのがいちばんの感想なんですが、なんで楽しかったのか改めて考えてみたら、

①気楽に構えてアートを楽しんでもいいんだって改めて教えてもらったことと、
②アートを通して鑑賞を楽しむだけじゃなくて、それきっかけにこんなに考えや想いを巡らすことができるのか‼︎ と新たな視点を知ったからです。

②については本当に考えが広がってしまったのですが、歴史を物語る作品たちは現代の国や人種の特徴を反映している部分もあって、その一致を見つけると「面白いなあ‼︎」となって一気に惹きこまれました。

智子さんのホームページなどにもあったと思いますが、私も海外で暮らすことになり、そこで改めて
日本人とは、
日本らしさって..
話すの難しいと今でも思っています。

日本にいた頃はそもそもそんなことを考えずに過ごしてきました。世界と比べての日本人、

日本らしさって私はこう思いますって話せる大人になるのがひとつの目標ですが、アートは深く絡んでくるんだなあと、改めて知れたのが楽しい!と思ったポイントの一つでした。」

智子さんの、今の若い世代が変わらないと日本は変わらない、だから変えたいっていうメッセージが響きました。

アートは触れて独自に楽しむもの、たしなみ、心を落ち着かせる時間をくれるもの。 ってイメージだったのですが、(私の解釈ですが)、アートを通して、様々な学びを通して智子さんはそんな信念も作られたのかなあって思うと、感動したのと、羨ましいなと思いました。

アートに関する直接の感想じゃないかも知れませんが、その想いが載った講座を開催されていて、それを受講させてもらって、こんな生き方いいなあって思わせてくれる講座だったんです。

アートがお好きでその熱い想いを受講者目線に合わせて解説してくれて、聞いてて面白かったのと、この講師の方みたいに夢中になれることを見つけて追いかける人生やってみたいなあ!と思わせてくれる講座でしたたぶん個性的な感想かもですね。」オランダ在住 女性

***

「高千穂に行ったことがあり、あの神様のミーティング会場も見てきました!
その時は神話の中の出来事の日本らしさには気がつきませんでしたが、今日の講座で「そうだった」とわかりました。

他にも、宗教画の解説のおかげで、見たことがあったけれども知らなかった宗教画の深い意味を知ることができました。
このように今までなんとなく知っていたことの要素に光を当てて日欧の社会比較に結びついた、貴重な経験となりました。その光を当ててくれたのは智子さん。本当に感謝しています。」​ロンドン在住女性






●●●本講座が楽しい3つの特徴●●●


①説明を聞くだけの講義形式ではなく、ワークしたり、対話したり、参加者の皆さまの能動的な時間を創ります。


②いつもの決まったメンバー(顔ぶれ)で、リラックスした雰囲気で楽しめます。


③私の講座にお申し込みくださる方々は、いつも、職種、生い立ち、年齢、価値観等様々です。

国境を超えて、世代を超えて、アートというツールで一緒の時間を過ごします。

アートからも、参加者の皆さまからも、多様な価値観と世界を学びます。



●●●アートが生活の一部になっていく3つの理由●●●


①アートは昔も今も、人々の生活に深く関与しています。
 受講1日目、アートが何かがわかると、アートの世界、デザインの世界が違って見えてくる。

 生活とアートが融合したら、元に戻すことはできません。


②アートを楽しみ方がわかってきたとき、ご自身の体験をアウトプットする場があります。

 講座がない時でも、日常的にアートを楽しめる場があります。


>例えば...

 美術館に行った、画集を見た、アート思考で考えてみた等々、様々な体験をアウトプットする場(Facebookグループ)があります。自分が体験しなくても、皆さんの体験を共有できます。

③人は、「意識しているモノ」「見たいと思っているモノ(無意識でも)」に、自然に目がいくそうです。
心理学ではこれを“カラーバス効果”と言っています。
その効果により、講座を受講している皆さんの目には、自然と、アートが目に付く日常が普通になっていきます。



【講座日時​】


ひと月、一つのテーマを取り扱います。次のコースからお選びください。 

①平日夜コース 第3水曜日 夜 20:00-22:00

②休日夜コース 第3土曜日 夜 20:00-22:00​

​※欠席による振り替え(平日⇆休日)可

※開催日は原則第3週ですが、講師都合により第3週以外の日程で開催する場合もございます。



【思考と生活に変化をもたらすアート術・シリーズ6回講座  2021年度上期(第1期) / 開催月及び当月のテーマと内容】



4月:第1回 私にとっての”幸せ”って何?アートを使って自分を知る方法


きっと、誰でも幸せになりたい。

でも、具体的に”幸せ”ってどんなことか、アートを通して自分の内面を深堀りしてみます。


また、アートの世界では、人々の欲望や願いや気持ちを表現してきました。
それは、幸せの追求の痕跡とも言えます。
一方で、アートの形態は、絵画や彫刻、写真、映像、空間まで使ったインスタレーションなど、様々です。美しい建築や工芸品を見て、素晴らしい芸術作品だと思うこともあります。

それでは、その “表現”とは何か。

何かを説明するための”表現”、目に見えるモノ、見えないモノの”表現”、言葉にできないコトの”表現”です。

アートが表しているものがわかってくると、作品を見ることもグッと面白くなります。 

第1回は、アートのガイダンス。

多種多様な作品を、“アート”という言葉で一括りにして理解しようとするのは、とても大雑把で難易度も高いですが、アートの役割と、表現方法がわかってくると、アートを楽しむことができます。

見る側ではなく、創る側からアートにアプローチする。

童心に帰り、何も考えずに絵を描いたり、工作したりした昔の感覚を呼び覚まします。


もし、あなたがアートについて、“難しい”とか“わからない”、“描く、創るなんて無理”というイメージがあったとしても、この講座により、そのイメージは変わります。


第1回は、アートを通して自分を深堀りします。

【講座の内容】

自分を知るワーク。

アート界の幸せの追求と歩み。アートの値打ち。

“表現する”を体感し、アートの見方を身につける。



5月:第2回 日本人は無宗教?グローバルに生きるための世界標準の教養。

〜私も子どもも恥をかかない、アートでわかる世界の宗教〜


5年前、初の海外赴任でロンドンへ。
その時、諸先輩方からの注意事項に、信仰がなくても「”無宗教”とは言うな」というのがありました。
”無宗教=道徳心がないと思われる”ということです。これは、開国当時、西洋人が日本人に対して抱いた印象と同じ。
そして、当時、”道徳はあるぞ”と世界に証明するために英語で書かれた本が新渡戸稲造の『武士道』でした。

ですが、日本でも、初詣に行ったり、お伊勢参りが人気だったり、神道も仏教も古来より文化、習わしとして、私たちの生活に浸透しています。

欧米と日本とでは、宗教文化の生活への根ざし方が異なります。

グローバル時代に、”知らない、興味がない”では済まされない。
知っておけば安心、海外旅行も楽しくなる、ニュースもわかってくる、子どもにも教えられる。

宗教(=信仰)がわかると、実は、歴史、芸術、社会、哲学、心理学への理解も深まります。

宗教画を通して、宗教の成り立ち、国の成り立ちがわかると、その国らしさが見えてきます。

学校では習わなかったビジュアルで楽しむ宗教教育。

欧米社会は聖書、日本は神道や仏教について、絵画と共に学びます。


第2回は、アートを通して宗教が創り出した世界を学び、グローバルな教養を身につけます。

 

【講座の内容】

聖書と西洋絵画

古事記と日本画

宗教画に見る現代社会との繋がり



6月:第3回 カチカチ頭をぶっ壊せ!常識を覆すアーティスト達の思考術と挑戦

〜グローバルな教養が身につく講座〜


西洋におけるアートの歴史・入門編です。

世界的に有名で、アート史を代表する作品は、なぜアート史を代表する値打ちになったのか。

世界標準のアートの真骨頂に触れます。

芸術のイメージが変わっていきます。

ビジネスに役立つアート脳の鍛え方にも触れます。


【講座の内容】

西洋におけるアートの役割、意義から学ぶアートの見方

社会から求められる作品と、アーティストが目指したこと、創ったもの




7月:第4回 日本てどんな国?誰に訊かれても大丈夫。

〜子どもにも、外国人にも伝えられる、私の国はこんな国〜

海外に住むと、親しくなった人に「日本ってどんな国?どこに行けば日本を満喫できる?オススメは?」と気軽に訊かれます。

ある人は、私に「やっぱり、チェリーブロッサム?」と言ってきました。前に、日本人がそう紹介したのかもしれません。

でも、日本を知って欲しい、感じて欲しいと思ったとき、本当に、”満開の桜”でいいだろうか”と思いました。ましてや、天候によってすぐに散ってしまう桜をオススメするのは難しくもあります。

こんな話も聞きます。
留学した子どもが、やっぱり「日本ってどんな国?」と訊かれ、答えられなくて悲しい思いをした。


日本のことは当然知っているのに、何をどう紹介すれば良いのかわからない。

ですが、日本のオリジナリティは確かにあり、海外からは高く評価されています。

そして、そのオリジナリティは、国宝や工芸品、絵画に現れています。


西洋とは全く異なる世界観と価値観で進歩した日本のアート。

日本独自の美術史にはどんな作品があって、どんな歴史の中、生まれたのか。
日本らしさ、日本の美意識をご紹介します。

日本人だからこそ感性豊かに味わえる世界です。


【講座の内容】

日本を代表するアートとは何か

日本の美意識を探る

日本美術の楽しみ方



8月:第5回 これは何??ナゾの物体 現代アートがわかる、楽しめる 


 現代アート(英語ではContemporary art:コンテンポラリーアート)を見て、

 「アートって難しい。」
 そう思っていました。


一目見て、作者の表現したいことや主張、“それ(作品自体)” が何かがわからない。
どの角度から見ても分からない。タイトルを見ても「・・・。???」となる。

でも、それは、”見方”がわからなかったからでした。

例えば絵画を見る時、有名なレオナルド・ダビンチやフェルメールの絵や印象派の絵と、現代アートの絵画とは、見方や楽しみ方は違うのか。。

答えは、違います。

実は、現代アートだからこそ、作り手に共感したり、感情を揺さぶられるような実感を伴う面白さがあったり、奥深さがあったりします。

それはなぜか...。その理由がわかり、現代アートの楽しみ方がわかる講座です。


【講座の内容】

現代アートとは何か

現代アートの見方、楽しむコツ



9月:第6回 日本を守った文化と芸術。過去から受け継ぎ、後世に引き渡すモノ


〜保存修復の世界〜


日本が日本らしくあるのは、過去から継承された文化が現代にも息づいているからだと言えます。

例えば、もし、建築も国宝などの工芸品も、芸術的な作品も、職人さんも技術もなくなったら...。
日本の古代より引き継いできた風習や行事が再現できなくなるかもしれません。
日本は日本というアイデンティティを数多く失うことになると思います。
日本人の思想や美意識にも影響するかもしれません。

普段、あまり意識しない伝統や文化。日本のそれは、世界から一目置かれる存在です。
なぜ、世界から一目置かれるのか。
なぜ、国のお金を使ってまで、守る必要があるのか。
歴史から文化・芸術の重要性を紐解きます。

災害の多い日本で、大切にしたいモノを引き継ぐのは簡単ではありません。
芸術・文化の発展や保護政策に関し、日本の国家予算は、世界主要国と比較して少ない現状があります。

現代に生きる私たちにとって、国の宝とは何かを知り、それが必要かを考え、後世に引き継ぎたいと思うか。思いや考えは、人それぞれだと思います。

まずは、現状を知って欲しい。

日本において認知度の低い保存修復の仕事について、講師の修復工房での経験(仕事ではなく、技術を習った経験)と、東日本大震災の後、(公財)日本博物館協会に勤務し、震災に遭った博物館の復興活動に携わった経験から、日本の保存修復分野の現状についてお話しします。


アートの舞台裏がわかります。


【講座の内容】

保存修復とは何か。

学芸員の仕事。

伝えたいモノ、守りたいモノとは何か。


【講座開催スケジュール】


平日<水曜日>夜コースの方


2021年度上期 第一期

<開催時間:各回 20:00〜22:00>


①4月21日

②5月19日

③6月16日

④7月21日

⑤8月18日

⑥9月8日

※当スケジュールに出席できない回は、休日コースに振り替え、もしくは次期開催へ振り替え可。



休日<土曜日>夜コースの方

2021年度上期 第一期


<開催時間:各回 20:00〜22:00>


①4月24日

②5月15日

③6月19日

④7月17日

⑤8月21日

⑥9月11日


※当スケジュールに出席できない回は、平日コースに振り替え、もしくは次期開催へ振り替え可。



申し込み詳細


【価 格】

●シリーズ一括のお申し込み:2,7000円(税込)

●単発受講ご希望の方は、3,500円(税込)です。

※第2回目以降、シリーズ講座への切り替え可能です。その場合は差額をお支払いいただきます。

単発受講の場合、Facebook上の非公開グループ ”アートサロン” メンバー対象外です。

<含まれるもの> 

・6ヶ月間の受講料(税込価格:月4,000円(£26)*6ヵ月分) ※ポンド表示は2021.3月時点
・Facebook上の非公開グループ ”アートサロン” メンバーへのご加入(税込500円/月)
・テキスト代(電子ファイル)
・各種イベント参加権


※シリーズ一括でお申し込みいただく場合、Facebook上のグループ”アートサロン”にご招待いたします。
※当サロンは、講座情報に関するお知らせの他、日常的にアートや文化を楽しむためのきっかけや、仲間を作ることを目的としています。


当グループの活動例は以下の通りです。


・シリーズで申し込まれたお仲間との交流(オンライン交流会の開催等)
・月1プチ勉強会、鑑賞会等のイベント

・講師からのおすすめ展覧会やイベント等アート関連情報のご提供

・映画、アート関係の書籍、その他関連情報の共有

・リアルイベントへの会員割引特典有り

【お支払い方法】

銀行振込(三菱UFJ銀行)、または Paypalオンライン決済

※銀行振込手数料、Paypal手数料は、お客様にてご負担願います。

※海外銀行から当銀行への直接のご送金はお断りしております。​


【キャンセルポリシー】​

お申し込みの講座をキャンセルされる場合、
キャンセルポリシーに基づき、キャンセル料が発生します。
お申し込み前に必ずご確認ください。​


●お支払い後のキャンセル、途中退会等によるご返金は、いかなる理由があってもできません。

【お申込み&ご受講までの流れ】


step1
本サイトの[開催予定はこちら]もしくは[日時を選択]のボタンで、

平日夜コースの方は、4月21日(水)を選択、

休日夜コースの方は、4月24日(土)を選択して、お申込みください。

※4月の上記日程は、シリーズ初回の日程が表示されております。
※単発受講をご希望の場合は、申込みフォームのフリーテキスト欄にて、単発受講希望と記述してください。


step2
申込日より5日以内(もしくは受講日が5日以内の場合は、受講日前日迄)に受講料をお支払いください。


step3
受講日前日に、オンラインzoomID及びパスワードを送付します。


step4
facebookグループへご招待します(facebookグループアカウントをお持ちでない方は、作成願います)。


step5
欠席連絡、レッスンの振替、講師からの連絡等、Facebookグループ内で行います。​